面倒くさがり屋のfotologue

根っからの面倒くさがりの僕がお届けする気ままなブログです。

性格

朝の時間、と言っても職場に着くまでの間ですが通勤時間が長いせいか色々考え事をすることが多いです。今日は土曜でお休みですが、久しぶりの早朝散歩をしながら、ふと思った事をつらつらと。  

新聞をめくる時や、レジ袋のガサガサ音(特に電車やバスの中)。こんなのは誰でも不快に思うことが多いと思うのですが、それ以外にも些細な音が物凄く気になっちゃいます。音楽をやっていたせいもあるかもしれませんが、ちょっとした音に敏感に反応してしまいます。そんな雑音を聞かされるのが人一倍苦手です。 あと柔軟剤やハンドクリームなど、匂いに関しても過剰に反応しとても不快に思う事が多いです。

視覚的な事でいうと、些細なことに敏感に反応するというのは写真を撮る上では大事な感覚だと思うのですが聴覚・嗅覚とはまた別のお話し。そんな事を考えながら何となく思った事。写真という趣味は視覚的に画になる・ならないを取捨選択しながら感覚的に判断していると思います。もちろん綺麗なものだけでなく錆や退廃していくもの等、綺麗ではないものにも魅力を感じる事も多いのでそんな事は無いとはおもうのですが、こういう事をずっとやっていると、なんだか物事を外見で判断する人間になってしまうんじゃないかと、ふとそんな考えが頭をよぎりました。ちょっと考え過ぎかな?

内面から出て来るものを感じ取る事なんてそう簡単な事ではありませんが、表面だけではなく内に潜むものを少しでも感じられるようなそんな写真が撮れたらと思った次第です^^