面倒くさがり屋のfotologue

(写真以外の事は) 根っからの面倒くさがりの僕がお届けする気ままなブログです。

65mm F2 DG DN

朝さんぽ(2021.04.04)前編

今回は4月初旬の朝のお散歩です。ハナミズキはまだ葉っぱが出始めた感じ。 若い時赤い葉っぱが緑へと変化。そしてまた赤くなるのって考えてみたら面白いですね^^ バイパス沿いの桜は見頃の時に見れず。。。 この日は朝から曇りか雨の予報だったのですが、早…

ご近所さんぽ(2021.03.08)

昨日2回にわたってお届けした「ご近所さんぽ」のタイトル日付が間違っており3月8日では無く3月10日のお散歩でした^^; 今回が正真正銘3月8日のお散歩になります(笑) カラーで撮影しているのですが、曇天での撮影のせいか、まるでモノクロで撮った様な感じにな…

花の文化園(2021.2.28)後編

植物園の後半戦はマンサクから。 同じ黄色ですが、こちらは小さな花のサンシュユ。場所的に撮るのが難しかったのですが、凄く好きな花です♪ 沢山の蕾を付けた小さなツツジの木。 違う場所では咲きだしていたこちらはミツバツツジの一種だと思われます。小ぶ…

花の文化園(2021.2.28)前編

最近はお散歩ついでに訪れる事が多い近所の植物園。2月最終日のこの日は直接植物園へ。 植物園へ向かう道すがら何枚か。 ついつい撮っちゃう電柱に絡まる蔦。 そしてメタリックな赤い車。マツダ車はやっぱりカッコいいですね♪ 植物園の白い柵が裏側からの光…

地元さんぽ (2021.2.27) Ⅳ

何故かタイヤの中に集められた松ぼっくり! 神社のすぐ前にはグラウンドが。 上では野球でしたが、こちらはサッカー。 その隣は、また野球。 そして、またサッカー。なんとグラウンドが4面も並ぶ運動公園になっていました。 もう少し先へと。 背の低い木は梅…

地元さんぽ (2021.2.27) Ⅲ

金剛寺の境内を抜けた所にある別院的な場所。こちらの桜も綺麗なのですが、今はマンサクや、 梅が咲いていました。 ここからはまだ歩いた事の無い道を。「ネコが入るので扉を閉めています」との張り紙、猫は肥料の匂いが好きなんでしょうかね? 町の神社はコ…

地元さんぽ (2021.2.27) Ⅱ

引き続き「天野山金剛寺」の境内から。山門前から中の梅の木を。 山門の中は桜の時期に取って置いて、参道周辺を。 綺麗に並んだお地蔵様たち。 この辺りも枝垂れ桜が綺麗な場所。今年はタイミングよく訪れられたらイイな^^ 境内に流れる小川のキラキラを。 …

地元さんぽ (2021.2.27) Ⅰ

2月下旬も地元さんぽ。 あんまり見た事の無い実を沢山付けた木。 今回は先日滝畑ダムへ訪れた時の途中のバス停で降りて。右方向へ進むと滝畑ダム方面ですが、今回は反対方向へ。信号の表示が消えている様に見えますが、停電していた訳ではありません^^; 国道…

ご近所さんぽ (2021.01.31)

昨日お届けした近所の植物園前・後のお散歩です。 地元のスーパー銭湯へ行ったあとに、植物園までの道のり途中のスナップ。遠くに金剛山・葛城山の山並みが望める撮影スポット。 バイパスの道沿いを歩きます。 少し小ぶりのショベルカー。ちょっと可愛らしい…

1日後の花の文化園

前回までお届けしてきた近所の植物園ですが、この辺りに咲いているはずの花が見つけられず、翌日のお散歩のついでにリベンジしにやって来ました。 眼を皿の様にして探していると、見つけようと思っていた花とは別の花を発見! 目的はこれではなかったのです…

真冬の植物園 Ⅶ

もう少し温室の中から。 ピンクの縁取りが花のようなサボテン。 前回も撮影したシュロを違う方向から。 梅園の白梅も更に花が増え7分咲きくらいでしょうか。 レストラン近くの蝋梅は少しずつ花が開き始め。 植物園を後にして、帰り道でラストの1枚。 この日…

真冬の植物園 Ⅵ

珍しく温室に長居してます。 色を強調する為にアンダー露出で。 光の雰囲気が良いと温室も楽しいです^^ 緑の微妙なグラデーションが綺麗で。 明るめの場所でもゴクラクチョウカを。 クリスマスのイメージが強いポインセチアは再びアンダー露出で。 あと1回続…

真冬の植物園 Ⅴ

植物園は温室へ。前回訪れた時も撮影したカフェ内の花を。 撮る箇所は少し変えてみました。元気になれそうなピンクですね♪ 改めてこのレンズの描写「なかなかヤルな」と思った一枚。松ぼっくっりのボケも面白いかなと^^ 日本の竹とはまた少し違った雰囲気。 …

真冬の植物園 Ⅳ

今回は梅園ではない場所の梅を。 大分花数も増えてきましたね^^ こちらの蝋梅はまだ蕾多め。 紅梅と丸ボケで華やかな印象に。 少し離れた場所から覗き見る感じで。 もう少し続きます。 週末にかけてお天気は下り坂。土曜日は休日出勤。今日の晴れを有効活用…

真冬の植物園 Ⅲ

バラ園は殆ど終わりかけでしたが、よく探すとまだ綺麗な物も見つかります。 少しだけ角度を変えて。 まだ蕾っぽいこちらも、バラの仲間のようです。 少しクラッシックな色合い。 バラ園のすぐ隣に咲いていた菜の花を。 背景に写っている果実はレモンです。 …

真冬の植物園 Ⅱ

植物園の続きです。広場の端っこにあるバネの付いた遊具たち。 動物によって色も色々^^ 園内の木工工房。木のフレームに光が反射して。 鳥小屋なものがポツンと表に。 引っこ抜かれた草たちが一か所に纏められた場所を何となく。。。 広場側からガーデニング…

真冬の植物園 Ⅰ

今回は一昨日の日曜日に訪れた近所の植物園です。この日はSIGMAの「65mm F2 DG DN」とNikonの「Z 6」の組み合わせで。 花壇も小さな草くらいで、ちょっと寂し気。 ちりじりになったような雲も冬っぽいかも^^ 園内の広場に一番乗り。 広場と外の柵の間の斜面…

年末最後のご近所散歩 Ⅴ

奥の紅葉した木が目に留まって。 左側の木など、何かワンポイントになるものを探しながら。 こちらは車が来るのを待って。でも、ちょっと遠かったかな^^; 後は目に留まったものを、何でもかんでもといった感じ。 ラストがコレっていうのも何ですが。。。 こ…

年末最後のご近所散歩 Ⅳ

いつもの植物園へ向かう橋を低い視点から。 植物園はこの日から休園日に入ってしまったので、そのまま先へ。 多分以前のお散歩でも撮ったのと同じセイタカアワダチソウです^^ 坂の真ん中を通る側溝のふたのようなものが連なって、まるで線路のように見えます…

年末最後のご近所散歩 Ⅲ

天使の梯子と呼べる程かは分かりませんが、光のシャワーが見えます。 冬の空の特徴は、見る方向によって空の表情が全然違う事でしょうか。 唐突ですが、畑の側に転がっていたお酒のビンたち。 ずっと同じ場所を歩いているので、流石に撮る被写体が変わり映え…

年末最後のご近所散歩 Ⅱ

引き続き昨年最後のご近所散歩です。 白っぽい実を付けた木の枝が、川の上にも張り出して。 少し先から振り返ると、枝の張り出し具合が分かりやすいですね^^ ネコジャラシっぽですが、先のフサフサが少し細長い気も。。。 小屋の壁の反射が目に留まって。 お…

年末最後のご近所散歩 Ⅰ

年末最後の撮影 (12月29日) で瀧谷不動尊へ行った時も、帰りがけに少しだけ散歩道を通りましたが、お散歩コースをフルで回ったのはその前日28日が最後でした。 最後に廻ったのはお散歩Bコース。 ピント位置を奥に変えただけ^^; この日はいつも以上に何気な…

2021年 初撮り 後編

元旦の早朝散歩の後編です。 65mmって意外と広いなあという印象もあったり。 橋を渡って前回も朝日を撮った場所へと向かいます。 そろそろ日が昇って来そうですが。。。 その場所に限って大きな雲が遮ります^^; 時々違う方向を撮って、 また日の出の方角を見…

2021年 初撮り 前編

1日つづ遡ってお正月3が日を振り返っていますが、今回は元旦。2021年になって初めてのご近所散歩です。 ダメもとで初日の出が見れたらいいなあと、日の出時刻から逆算して家を出ました。 日の出を見る時は、お散歩Aコース。 間隔を保って並んでいるのはイチ…

年末最後の撮影 Ⅳ

高い場所にある不動尊から下り、滝谷不動駅へ向かいます。火の見櫓のある何だか懐かしい町並みですね。 駅のすぐ側にあって車窓からいつも気になっていたお店。ちょっと不思議な空間でライブなどが楽しめる場所のようです。 昨年最後のスーパー銭湯で汗を流…

年末最後の撮影 Ⅲ

瀧谷不動尊の立派な山門をくぐって、 本堂の方へやって来ました。 既に門松もスタンバイ。 お参りされている方は年末という事でまだ数名。 本堂の上には多宝塔が見えます。 その多宝塔の方へと上がっていきます。葉牡丹がお正月らしいですね。 途中にあるお…

年末最後の撮影 Ⅱ

富田林市の寺内町からやって来たのは「日本三不動」の一つとされる「瀧谷不動尊」です。令和三年に「開創1200年」を迎える歴史ある不動尊へ一足早く訪れてきました。 まずは本堂から道を挟んだ向かい側のエリアから。 西国三十三か所の御本尊を一気に参れる…

年末最後の撮影 Ⅰ

富田林の寺内町を後にして、本来の目的地へ歩いて向かいます。 菱形のキンチョールの看板って、何か懐かしいですね^^ 途中目的地へ向かうポイントとしていた「佐備神社」へ立ち寄り。 ひっそりと佇む地元の神社といった感じ。 手水舎の龍は凄く繊細な造形。 …

新年のご挨拶、そして富田林寺内町

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします! いよいよ新しい1年の始まりですね。2021年はどんな1年になるのでしょうね? 昨年1年に起きた事は決して忘れる事は無いでしょうが、そのままの気持ちを引きずる事はやめて、新たな気持…

地元さんぽ(2020.12.26)Ⅲ

石段から降りる途中で見つけた切り株。 クルクル丸まった蔓や落ち葉が、デザインされている様な感じ。 こちらにも色んな態勢や表情のお地蔵さまたちが。 その手前には、くつろいだ様子の菩薩様が。 さらに奥に進むと色々な石仏が並びます。 こちらは千手観音…