面倒くさがり屋のfotologue

(写真以外の事は) 根っからの面倒くさがりの僕がお届けする気ままなブログです。

宇陀松山華小路2018 Ⅱ

古い街並みでは、こういった透かしの入った樋をよく見かけます。 

 

 

この地域では「吉野葛」の生産も行われていて、お店の裏手には薬草園が。 

 

 

 

 

 

 上の「森野吉野葛本舗」の向かい側にも「黒川本家」というお店が。こちらは400年の長い歴史があり宮内庁御用達にもなっている名家です。

 

 

旧街道の真っすぐな道が続きます。 

 

 

 いつもお世話になっているお店も、まだ朝9時過ぎなのでシャッターが下りていました。

 

 

古い街並みで見かける文房具屋さんて、店構えがどこも結構似ている気がします^^ 

 

 

 何故か台車に載せられたプランターの草花。。。

次回からは、今回目的にしていたイベントの様子を。 

 

 

宇陀松山華小路2018 Ⅰ

お出掛け日和となった今日は奈良県へ。最近古い街並み付いている流れで、よく訪れている宇陀市の松山地区へ。コスモスが咲いている後ろにあるのは、地酒の酒蔵のタンクです。 

 

 

 

 

 

古い街並みの続く松山地区の入り口。 

 

 

ケーキ屋さんの扉は、取っ手が泡立て器に^^

 

 

こちらは老舗の和菓子屋さん。 

 

 

店内と通りの映り込みで面白い光景が撮れました♪ 

 

 

公民館の窓ガラスにも青空が映り込み。 

 

 

 ここ最近は休日もこういった深い青空が撮れるのが嬉しいですね^^

すっかり古い街並み撮り用のレンズになっているTakumar 28mm。でももう少し広く撮りたい気持ちもあって、「超広角レンズ欲しい病」に侵されつつあります^^; 

 

色々レンズを試してみる ~ 【Super-Multi-Coated Takumar 28mm F3.5】編 Ⅴ

夏のイベントでも撮影したこちらのお店はイベント関係なく年中「吊り雛」が飾られています。 

 

 

 町中をグルグル廻っていると同じ被写体も撮ってしまいます^^;

 

 

こちらのギャラリーの軒先にもにも吊り雛が。 

 

 

額縁のように草花を飾るこちらは売り物です。 

 

 

 大きなクスノキ発見!!

 

 

青っぽい壁の蔵がカッコよくていつも撮ってしまいます。 

 

 

歩き疲れて、いつも立ち寄る珈琲店へ。カメラを席に置くときにシャッターを押してしまったようで。。。どこにもピントが合ってないのですが、何か雰囲気が良かったので最後に掲載^^ 

以上でTakumar 28mmでの寺内町は終わりです。ネタが尽きたので明日どこも行かなければ載せるものが。。。