面倒くさがり屋のfotologue

(写真以外の事は) 根っからの面倒くさがりの僕がお届けする気ままなブログです。

大阪イベント

オンライン・イベントのご紹介(10/30~31)

ふと毎年秋に開催される「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪」(通称:イケフェス大阪) の事を思い出し調べてみると、今年も残念ながら現地開催ではなく、オンライン開催(10/30.31) となったようです。昨年は見逃してしまったのですが、今回は忘れず…

昔の写真「富田林 じないまち雛めぐり 」

先日も話題に出しましたが、今春は残念ながら中止となってしまった「富田林 じないまち雛めぐり」。今回は2017年に行われた時の写真をセレクトしてみました。 この時はNikkorの105mmマクロでの撮影。少し遠目の距離から小さな雛人形を。 ちょっと変わった雰…

御堂筋イルミネーションをちょっとだけ・・・

昨日のクリスマス本番、夜も比較的暖かな日が昨晩くらいしかなさそうだったので会社帰りに梅田から心斎橋あたりまで歩きました。 大阪駅前から 阪神百貨店前の交差点へ。 続いて梅田新道の交差点。 御堂筋に点在する彫刻像にもイルミネーションが反射して。 …

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 XⅢ

徐々に北浜から中之島の方へと。 水の都を自負する大阪。色々なデザインの橋も多く、そこに設置されている照明も多種多様。 中之島公会堂を見ると、何かホッとした気持ちになるのは「大阪人」だからでしょうか(笑) この辺りも既にイルミネーションが始まって…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅻ

また他を優先して忘れそうになっていましたが、イケフェス2日目「芝川ビルディング」の屋上から引き続き。 屋上にも扉と窓。 という事で、ガランとした広めの部屋があります。 空調や暖房も備えられているので、会議やイベントで使われるのかな? 屋上には対…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅺ

続いてやって来たのは「芝川ビルディング」です。 こちらもメインは階段まわりのみ。 他のビルは事務所系のテナントが多いですが、こちらはお店が色々入っています。 階段を更に上がって。 屋上へと。イベントの為なのか、いつもそうなのかパイプ椅子が並べ…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅹ

後回しにして、自分でも忘れそうになっていました。大阪のレトロ建築を巡るイケフェスの2日目の撮影分を。前日カメラ2台と重いレンズ2本で歩き回り腰にも負担があったので、この日は24mm単焦点1本で身軽に出掛けました。 最初に訪れたのは「大同生命 大阪本…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅸ

イケフェス1日目のラストです。前回訪れた伏見ビルのお隣の「青山ビル」は蔦に覆われ独特の存在感があります。 外観の反面、中はシンプルなステンドグラスと、 教会の様な背の高い窓を撮る位でいつも終了。。。 いつもイケフェスに参加して欲しいなあと思っ…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅷ

いつもと違う場所を巡るはずが、船場ビルディングの流れで結局毎回訪れている場所になってしまっています^^; という事で、定番の「伏見ビル」へ。 エントランスでは毎年色々な花が出迎えてくれます。 こちらも色々な事務所が入るテナントビルになっています…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅶ

船場ビルディングの内部をしつこくお届けしていますが、あと1回。 手前の窓際には色々な小物たち。 紳士用のジャケットなども掛けられているので、メンズのお店のようです。 また別の部屋を。 雰囲気が変わって、こちらは女性っぽい内装のお店? 何となくワ…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅵ

まだまだ船場ビルディングから続きます。 扉や窓枠には深い緑を使っている店舗が多いようですね。 吹き抜けを囲んだ回廊型になっている手前側から 。 周り込んで店のサイドからも。 回廊の反対側から、ショーウィンドウの中に飾られた額を。 同じく吹き抜け…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅴ

引き続き船場ビルディングより。 アパートの様に部屋には番号が付いています。 203号室は貿易会社となっていますが・・・ 白壁の部屋の中はメチャシンプル。というか長いテーブルと椅子だけ。ミーティングとかで使っているのでしょうか? でもこの潔さが何か…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅳ

次にやって来たのは毎回訪れている「船場ビルディング」です。いつも人気で暫く時間待ち。入館証の数が決まっていて、出てきた方の人数、また中へといった感じです。 待ったといっても5分もかからず中へ。なるべくいつもとは違う被写体を狙っていきます。 事…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅲ

ガイドブックを手に入れて訪れたのは1922年(大正11年) に建設された「丼池繊維会館」と呼ばれる建物です。外観を撮り忘れたので内部だけです^^; 階段の踊り場には当時の写真も。 中にはお洒落な雰囲気のテナントも。 屋上へ上がって来ました。 そして何故か…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅱ

「はならあと」の記事を終えたので、ここからは「イケフェス」の写真を。最初のBARの後は、暫く外観だけのスナップが続きます。 mendou-kusagariya.hatenablog.com 少しずつ紅葉し始めた「日本銀行大阪支店」前。 最初の方はガイドブックなしでブラブラと歩…

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 Ⅰ

今日は朝から予定通り「イケフェス大阪2019」へ。 まず最初に訪れたのは、大阪駅前第1ビルの地下1階にある「King of Kings」という喫茶&Barのお店。1970年(昭和45年)にオープンされました。 特徴的な壁の装飾は「宇宙」をイメージされたそうです。 テーブ…

富田林寺内町燈路 Ⅶ

すっかり日も落ちて、お店の灯りなども映える時間になりました。 町中で一番大きな寺院の境内には、行燈がライン上に並べられて。 この道幅の狭さが、こういったイベントにはピッタリ^^ 蹴鞠のようなデザインの灯りも趣がありますね♪ 歩き回って疲れたので、…

富田林寺内町燈路 Ⅵ

カッコいいバイクが停めてあったので思わず。 十字路の角に、一際大きな行燈が。 保育園の子供たち作品だったのですが、妙にアーティスティックな雰囲気にビックリ!! 行燈が仄かに格子を照らし出して良い感じ♪ 真上から撮るのも、なかなか格好宜しいのでは…

富田林寺内町燈路 Ⅴ

寺内町に戻り、更に暮れ行く町並みを。 見るからに、和物を扱うお店の佇まい。 緩やかなカーブに沿うようにランタンの蝋燭の灯り。 ここからAPS-Cクロップを止め、本来の24mmの画角で撮影。背景の窓の格子が良い味出してくれてます♪ 黒い行燈はデザインも渋…

富田林寺内町燈路 Ⅳ

少しずつ暮れてきました。町中の公園では夜店も出て、この賑わい。 ガーデンショップなどがある場所も、奥に続く空間を利用して色んなお店が出ていました。呼び込みしていたお兄さんを中心に^^ 上のエリアの奥に進むと、照明に照らされた白い百日紅が。 こち…

富田林寺内町燈路 Ⅲ

なかなか暗くならないので、取り留めもなくぶらぶら。。。 こんもりと選定された木はモノクロで。 大分人も増えてきました。浴衣姿はやっぱり風情がありますね♪ 皆さん、何やら立ち止まって覗き込んでますが、目を惹くものは特に何もなかったけど・・・^^; …

富田林寺内町燈路 Ⅰ

先日の土曜日は隣町の富田林で行われた夜のイベントへ。寺内町に到着した頃から小雨が降ったりやんだり。着いてそうそう、軒下で少しの間雨宿り^^; 暗くなるまでまだ大分時間があったので、町中をぶらぶらとスナップ!! 外観がお洒落っぽい散髪屋さんを見つ…

富田林じないまち雛めぐり Ⅹ

また人混みを避け、暫し静かな町並みを。 立派な屋根の寺院には、境内から溢れ出るようなツバキの木。 筒状になった陶器の雛人形。表現の仕方も色々ですねぇ。 昼近くになり人通りもだいぶ増えてきました。 2時間近くウロウロして脚も疲れてきたので、そろそ…

富田林じないまち雛めぐり Ⅸ

瓦屋根の先端の丸の部分だけ並べて見るのも面白いかなと・・・^^ やっぱり落ち着く町並み。 片方だけ立ち姿の雛人形って、ちょっと珍しいですよね!! 今回一番目を惹いたのがこちらでした。石臼を利用した素敵なアート作品になっています♪ あと1回と言って…

富田林じないまち雛めぐり Ⅷ

引き続き町並みをカメラ片手に。時代的なものなのか、こういったモザイク柄の窓ガラスをあちこちで見掛けます。 こちらの眼科も、雰囲気のある佇まいがお気に入り^^ こちらの寺内町には、横にも長い立派な町家が数多く存在しています。 そのうちの一軒にお邪…

富田林じないまち雛めぐり Ⅶ

ここからカメラとレンズを交換。広角ズームでまたお気にりのお宅を再訪。 前の40mmはAPS-C換算60mmになるので、どうしても部分を切り取る画が多めでしたが、やっぱり広く撮れるのは気持ちいいですね^^ お庭も広めに。 狭い入り口からなので、ちょっと構図が…

富田林じないまち雛めぐり Ⅵ

瓦屋根フェチな僕には、やはりここの町並みは気分が上がります^^ 梅の木も良く似合いますね♪ スクっと直立不動の鍾馗様。 今度は、こちらの町家「岩瀬屋」さんへ。 いつも可愛らしい小さな人形が飾られています。 三色のツバキも上手く表現されています!! …

富田林じないまち雛めぐり Ⅴ

風に揺れる暖簾越しに雛飾り。 空に向かって元気よく伸びる白梅を。 町中も綺麗な花が彩ります。 こちらの自転車も毎回撮影してしまいます。。。 白い陶器の上には、少し水が張られています。 その横には色合いの違う陶器の雛人形が。 正面には絶えずカメラ…

富田林じないまち雛めぐり Ⅳ

お宅の中を楽しんだ後、梅の木が生えている裏庭の方へ。 縁側には吊り雛も。 庭から梅の木を見上げて。 蜂の羽音がブンブンと聞こえたので、長居はやめました^^; 庭への入り口に吊るされていた飾りを何となく。 表にもキューブ型の飾りが。 お気に入りのお宅…

富田林じないまち雛めぐり Ⅲ

毎年一番楽しみにしているお宅の中へ。鉄器のやかんの上にも小さな雛人形。 壺の横に垂らされているのは、小さな「庚申さん」(身代わり猿) 。 奥にはちゃんとした(?) 雛人形も^^ お雛様の顔が蝋燭で隠れてしまっているのはご愛敬^^; ハマグリの貝殻に着物の…