面倒くさがり屋のfotologue

根っからの面倒くさがりの僕がお届けする気ままなブログです。

FUJIFILM X-Pro2(Ver.4.00)

ライトアップをちょっと一休みして機材ネタ。

我が愛機の「FUJIFILM X-Pro2」の新ファームアップ (Ver.4.00) が発表されました!!

大きなところで言うと「4K動画」への対応がメイン。あとはAF-Cの追従性向上等。動画撮影や動きモノなどの撮影をあまりしてこなかった僕にはあまり関係が無いようにも感じます・・・^^;

ただそれ以上に大きなインパクトを感じたのは「FUJIFILM X RAW STUDIOに対応」です。
これまで、FUJIFILMは「SILKYPIX」ベースの現像ソフトで、純粋な純正のRAW現像ソフトがありませんでした。SILKYPIXベースでもフィルムシュミレーションに対応はしていましたが、JPEGで撮影した色合いとは違うという意見も良く耳にしていたので、ようやく待望の純正現像ソフトが出てくれるというこのニュースが一番嬉しかったかもしれません♪

 ファームウェアの提供は12月中との事でまだ大分先の話ですが、現像ソフトだけでも早く対応してもらえたら良いのになあ。。。 

と思っていて調べてみると、ガ~ン!! 現像ソフトの提供は2018年1月下旬とな・・・^^;
しかもMAC版は2017年11月下旬、、、ってなんでMAC版が先やねん!?

あと一般的なRAW現像ソフトとは使い方が違う様で、カメラとPCを繋いだ状態でカメラ内の画像処理エンジン「X Processor Pro」を利用して現像する模様。ようは「カメラ内現像」をPCの画面を通してやるって事なのかな?「フィルムシュミレーションなど、カメラと同じ色再現が可能」や「パソコンよりも現像処理が速い」等のメリットがあるとの事で、PCが多少非力でも高速な現像が行えるというのは良いかもしれませんね。この為にまずカメラのファームを上げて対応する必要があり、だから現像ソフトの方が後なんだなあ。。。パソコンに保存されたRAWファイルもカメラ側に呼び出して現像も可能との事で、何にしても首を長くして待つしかないなあ~。